FAQ

Q
横浜銀行の特色を教えてください。
当行のホームマーケットである神奈川県・東京都は、多くの企業や最先端の技術を持つ研究開発拠点などが多数集まり、地域経済ひいては日本経済を牽引するとともに、豊かな住環境を備え、教育・文化面の成長も続けている地域です。この大変恵まれた地域で、お客さまにとって最もお役に立てる金融機関をめざし、信頼される金融グループとして、活力ある未来の創造に貢献しています。
Q
職場はどのような雰囲気ですか?
お客さまに迅速かつ的確なサービスを提供するため、適度な緊張感を保ちながら業務に励んでいます。また、職位・年齢を問わず行員間のコミュニケーションも活発です。若手行員も責任とやりがいのある業務を担当しており、意欲ある人は次々と活躍の場を広げています。
Q
配属や担当業務はどのように決まるのですか?
入行後は、原則、支店または本部への配属となります。新入行員のうちは、配属先でのOJTや集合研修などにより、銀行員として身につけておくべき基礎業務を修得します。その後、自身の希望や適性などを総合的に勘案しながら、支店や本部でのさまざまな業務を担当していくことになります。
Q
各コースの併願は可能でしょうか。
各コースの併願はできないため、応募時点でご自身にとって一番志望度の高いコースを選択してください。選考の過程で、希望や適性を踏まえ別コースのご案内を差し上げることもあります。なお、エントリーシートの受付時期は総合職が3月1日以降、カスタマーサービス職は3月15日以降を予定しています。
Q
専攻する学部や学科は、採用選考に関係はありますか?
特に関係ありません。入行後は基礎研修だけでなく、職務や年次等に応じた研修・教育プログラムを用意しています。そのため、文系出身者だけでなく、理系出身者もさまざまなポジションで多数活躍しています。
Q
採用選考に有利な資格はありますか?
特にありません。面接などで人物重視の選考をしています。
Q
コンコルディア・フィナンシャルグループでの採用をおこなっていますか?
横浜銀行、東日本銀行それぞれの銀行で採用選考をおこないます。各銀行の採用ホームページからエントリーしてください。
Q
現在他社で働いていますが、2022年4月入行の新卒採用に応募できますか?
2019年3月以降に4年制大学・短期大学・専門学校を卒業、または大学院を修了された方は、新卒として応募することができます。詳細は「募集要項」ページにてご確認ください。
Q
日本国籍でなくても応募できますか?
募集要項」の応募資格を満たしていれば、国籍は不問です。
Q
支店見学をしたいのですが、どのようにすればよいですか?
事前のアポイントは必要ありません。営業時間内に訪問してお客さまの目線で支店の雰囲気を実感してください。ただし、他のお客さまもご来店されていますので、支店内で銀行の仕事などについてゆっくりとお話しすることはできませんので、予めご了承ください。
Q
インターンシップは実施していますか?
例年、夏季(8月~9月頃)・秋季(11月頃)・冬季(2月頃)に実施しています。
Q
横浜銀行のセミナーや選考会に参加するにはどうしたらよいですか?
まずは、採用ホームページよりエントリーをしてください。エントリーしていただいた後、マイページ上にてご案内がございます。
TOP